heartquake

| TOPIC | LOG | KISS | WARP | XOXO | SEIRA |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                  
Web拍手
- | 2010.09.13 Monday ... cm: 0
#東京8月5日オーラスレポ
KAT-TUN LIVE TOUR 2008 〜QUEEN OF PIRATES〜
東京ドーム
8月5日 18:00公演<All Last>

既に途切れ始めている記憶をかき集めて、どうにか書き上げました。
ゲストにヤマピー、鳳蘭様、もろもろいらっしゃって…大盛り上がりのラストだった。
台詞や記憶の適当さに関してはご了承ください…ニュアンスを受け取って!
長いの覚悟でお進みください。

本日の席はアリーナA4ブロック。
下手側の、ちょうどトロッコが通る二つ手前のブロックだった。
割りかし、亀梨ゾーンだったかしら。
でもやっぱりバクステと花道後方が見づらいーーー(涙)

・OP
なんか今日のカメちゃん可愛い!お肌ツヤツヤしてる!いつもより白く見える!(わけないけど、そう見えた)
なんだろ。口元が可愛かったのかな。唇ツルツルで桜色だった。むっはーカワユス。
聖「最後の出航だぞ東京ーーー!!」

・DON'T U EVER STOP
最後の靴下を目に焼き付けておいたぜ(笑)
仁の衣装、動くたびに裾が翻るのがエロい。

・12o'clock
藤ヶ谷とのお色気プレイ、たいぴーも満更じゃなさそうなのがなんとも(笑)
階段の上での仁亀交差する瞬間をいつもガン見。

・PARASITE
聖「ラスト気合い入れてけよ!」的なことを言っていた気が。
聖の体に日に日にタトゥーが増えていってる気がするのは気のせい?

・w/o notice??
今日カメちゃんのメガネが違ってたって、マジですか?(笑)
ごめんなんかもう顔とか見てないからさ(どこ見てんだよ)(え、お尻とか)
今日の「Please kiss me?」は可愛かった。
ネチョネチョしすぎてなくて、ナチュラルだった(笑)
絵のプレゼントを貰ったのは、ドンストのカメのコスしてる小さい男の子だった!
隣にいた女の子は仁コスで、ちゃんとエクステまでしてて超可愛いのー!
終演後会場の外で見たんだけど、本当に丁寧に衣装作ってあってビックリ。
亀「すごいねぇ、よく作ったね」と本人も感心しておりました。
それにしてもここのパープル千賀が可愛くて可愛くてモニターと亀梨どっち見たらいいのか分からん。

・夏の場所
田口ファンの女の子が二人!お友達同士だったみたいで。
一人の子のお名前が私の本名と一緒で、田口が「○○ちゃん!」って呼んでくれたのが嬉しかった(笑)
田「二人だけど、一つでいいかな?」というと会場が「え〜〜!」とブーイング。
田「わかったよぉ(笑)今日は特別に二つ、サイン入れてプレゼントします」
嬉しそうな田口が一番可愛かったなぁ。

・TEN-G
紫の折れた鼻を見て
聖「お前鼻の断面黒いな!」
仁「なぁ、村長!」
中「村長?!」
今日は中丸が村長呼ばわりだった(笑)
亀「村長、ハンドパワーで鼻直してよ」
中「よし!う〜ん」と手を当てていると、カメちゃんがフッと息を吹きかけて元通りになる鼻。
聖「なんか今の一瞬凄く見えた」
「リハーサルなんてだーいっきらい」の紫天狗の震えっぷりが何度見ても愛おしい。
たっちゃん、いつも妙なテンションだよね。
今日も最後ずっと「そんなの関係ねえ」やってた。

天狗に追われた海賊たち。
亀「やっぱり幻かぁ…ロッテクランキー♪サクサク感アップ!」
いつもと若干メロディーが違った気がする(笑)

田口の三行ラブレターは最後まで自分ネタ。
仁「わーーーわーーー!!田口、まっじ気持ちわりぃーー!!滑ってステージから落ちちまえっ、うおぁっ!」
最後まで仁の走り方はドタドタしていた(笑)

たっちゃんはちょうど真ん前の位置にトロッコが止まった!
竜「お腹が痛い…だぁ〜!」
ちょ、もう可愛すぎて死ぬ(笑)
竜「お前ら最後だからご褒美やるよ!」と衣裳のポケットをがさごそ。
竜「お菓子っ!」ポイッと投げ。
竜「う〜ん(ガサゴソ)電池!」ポイッと投げ。
竜「(ガサゴソ)お菓子!」ポイッと投げ。
投げたお菓子、おまんじゅうみたいなのだったんだけど。しかも乾電池って(笑)

田中。
やっぱり泣き顔ネタに徹する中丸。
中「今朝聖のパパが電話で“あの泣き顔ネタいいね、って言ってたから」
聖「うちのオヤジのせいかよ」
てか中丸、聖パパと電話するんだーー!
超しつこく泣き顔ネタを引っ張る引っ張る!
聖「お前予想以上に気持ち悪い」
と言われると、真顔で泣き声だけ出す中丸。
聖「何かっこつけてんだよ(笑)」

・愛のコマンド
今日も仁はメガネ着用。
中丸のひたすらな掛け声に
仁「中丸うるせー」

・LIPS
全員大暴走、煙噴射の戦争状態!
とりあえずお互いがお互いに噴射しまくりでカオスな状況に。
仁も煙の勢いでフードを被っちゃったり、カメちゃんも攻撃されてたり、仁もカメちゃんにかけてた(との情報がありますが)らしく、最後だからかお遊びが激しい!
間奏のボイパになると、全員が中丸に集中攻撃。
それでも頑張る中丸、台風の中で実況中継してるレポーターの如く(爆)
そして今日も仁がわざと煙をチョロチョロ出して噴水を作っていた!と思ったらカメちゃんも!!
仁亀ちゃんズ、3日のあれで面白さを噛みしめた様子。
最後、スピーカーか何かに足をかけてポーズをとってる田口に向かって聖がダイレクト発射。
動じない田口、神(笑)

・WILDS OF MY HEART
曲の最後、下手側の鐘をずっとカンカン鳴らしてた仁。
終わった…と思ったら、締めに「カ〜ン」とイイ音が(笑)


 ☆ ☆ ☆


・MC
で、恒例の聖の挨拶。
聖「みんな盛り上がってるかーーー!!」などの問いかけに、ワイルズ終わったまま鐘の前に突っ立っている仁、ファンの歓声と共に鐘を鳴らしまくる。
ずっと目の前で鐘カンカン鳴らしてたんだけど、聖の様子をチラチラ伺いながら遊んでる仁が超可愛かった。

始まってすぐコンTに着替えたカメちゃん。
するとツツツと田口が寄っていってカメちゃんの髪の毛をいじってるの!
髪にゴミか何かついてたのを取ってあげたんかな?
田口が背高いからカメちゃんのこと見下ろす感じで、髪の毛モフモフしてあげてて、もうこの図がほんと可愛くて!
友達部が熱いーー!ホント癒される。

10作連続1位の話になり、おめでとうの拍手が。
竜「ありがっとうございやぁーす!」
寿司屋の大将みたいな挨拶をかますたっちゃん。今日もぶっ飛んでる(笑)
で、上田仁聖が頭を下げっぱなしの間に鳴り響く拍手を、またもや三拍子で斬る中丸。

仁「まぁ俺は8作ですけどね。2作は日本いなかったんで。ははっ(自虐的な乾き笑い)」
田「でも気持ちは一緒だったじゃないか」←うっとりした声で
仁「田口…なんて気持ち悪いんだ」←同じくうっとりした声で(笑)

亀「4Days連続は日本人アーティストとしては初で」
またもやおめでとうの拍手が会場から沸き起こる。
そして頭を下げる三人。下げっぱなしな三人。それを見かねてまた三拍子で斬る中丸。
最後、手を四にして突き出すポーズに。
聖らへんに「最後のそれ微妙」と突っ込まれると
亀「4Daysの四なんだよ(笑)」とフォロー。

聖「あの、昔55万人のリクエストで、国際フォーラムでやったやつ…知ってます?」
中「知ってます?って」
聖「あれから今日で通算230万人を動員したと」
ほぉー!そんな記録が出たんですか。
またもや鳴り響く拍手。
そしてそれを三拍子で斬る中丸、また最後の手が「四」になってる。
聖「またかよ」
亀「違うよ、国際フォーラムの「フォー=4」なんだよ」と若干寒いけど上手すぎるフォローが。
しばらく会話が流れてから
仁「フォーラム…あぁ、“フォー”の四ね」
聖「今気づいたのかよ」
中「遅っ」
会話進んでる間もずっとカメちゃんのフォローの意味を考えてたってことだよね(笑)

仁「本当色んなお客さんが来てますよ。男の人も、外国の人も、老けた顔の人も」
聖「老けた顔の若い人もね」
仁「まぁ中丸みたいなね」
中「コラ」
聖「そう、中丸系の、いわゆるナカマラーですね」
仁「道玄坂では流行ってる」
亀「そう、道玄坂限定で(笑)」
やい、そこの二人。なんでお前らそんな道玄坂推しなんだ。

中丸の舞台宣伝に流れ
亀「すごいもんね、昨日もコンサートの前に通し稽古とかしてきてるからね」
聖「グローブ座にはナカマラーが集まるわけですね」
その間ずっと険しい顔をしたままの中丸を見て
聖「中丸、お前なんで自分の舞台なのにそんなダルそうなの」
?「ダルいんだよ」
仁「いや、中丸くんはいっぱいいっぱいなんですよ」
中「そう、もう本当いっぱいいっぱい…」
かなり深刻そうだ(笑)
中「考えただけで胃が痛くなる」
仁「正露丸飲めば?」
聖「普通にアドバイスしてんなよ。そういうの楽屋で言えよ」

カメちゃんを振り向きつつ
中「観に来るだろ?」
亀「…電報送るよ」
中「ハァ?」←結構なキレ顔(笑)
聖「俺の親父が行くからそれでいいだろ」

するとずっと静かだったたっちゃんが突然
竜「昼は中丸くんの楽しい時間で、夜は夜の中丸くんの楽しい時間ってことですか?」←超ニヤニヤしつつ
中「はぁ?!」
?「お前今日ビデオカメラも入ってるんだから」とか何とかフォローを入れつつ。
会場はキャーーー!の悲鳴。
亀「今キャーって言った人、何を想像したの?!」
慌てふためく中丸と、余裕顔のたっちゃん。関係性がキッパリ表れてるな、うん。

?「まぁそんなナカマラーな上田くんも…」
竜「俺は違う!」
中「そんな拒否るなよ」
たっちゃんのソロコンには
聖「ウエダーがいっぱい見に来ますね」
竜「全公演で四万人動員します」おぉー!すごい。

上田のソロコンをメンバーは見に行く!という話に。
仁「上田のはぜってー行く」
聖「両親が死んでも行く」
亀「何があってもいく。だってもうチケットもらったもんな?上田に」
中「おい!俺もらってねーぞ」
たっちゃん&メンバー一同大爆笑。ちょっとー!たっちゃん確信犯?!(笑)

亀「中丸のは(グッズの)パンが食いたくなったら買いに行く」
中「買ってくれるのは嬉しいけど、買うぐらいなら観ろよ」
亀「いや冗談ぬきに、観にいくよ」
絶対5人とも観に来る、に100ロクーン賭ける。

そういえばどこか何かの流れでカメちゃんが中丸をイジったら
中「馬鹿野郎!」とマジ怒り(笑)
聖「マジで怒るなよ」

仁「中丸、お前またナイキと契約したのかよ」
とアップで中丸の汗かいた額が映ると、この間のように前髪がぴょい〜んとカールしてる。
中「お前さっき髪変だよって直してるのかと思ったらナイキにしてたのかよ」
亀「なんだ、中丸仕込んだんじゃないんだ」
仁中「え?」
亀「いや、中丸が演技してたのかと思った」
仁「…黙れ髭男爵」
  爆 笑 。
定かじゃないのは「何言ってんだ髭男爵」と言ってたのか、私には「黙れ」に聞こえたんだが。
亀「樋口くんやないかーい…」←テンション低め。
拗ねたの?拗ねたの?(笑)

聖「赤西もね、スピードレーサー」
仁「8月いっぱいみたいなんで、観てください」
聖「まぁこれもアカニッシャーがね」
中「なんだよアカニッシャーって。擬音語みたいだな」
ナカマラー、ウエダー、アカニッシャー(笑)

ここでエビキス単独ライブの宣伝。
またもや二グループの間に入り込んでくる仁。
聖「センター、引っ込め」
イタズラっ子じんじん、突っ込まれて嬉しそうに引き下がっていく(笑)


で、暗くなってきたのでそろそろMCも終わりかな?と思っていると
聖「中丸、お客さんの方行ってやれよ」
最後なんだから、と促されて花道に出ていく中丸。
中「いや〜たくさんきてますねぇ〜」
すると「中丸、ファッションショーみたいにやって」「モデルウォークして」とのメンバーが無茶ぶりを投げかけ。
亀「中丸雄一ファッションショー2008!KAT-TUNキャンペンガール♪」とかなんとか盛り上げるカメちゃん。
するともっと股開いて!だの、注文を投げかけるメンバー。
聖「走り幅跳び!」→ちゃんと走って跳んで着地する中丸。
仁「棒高跳び!」→助走をつけて走るものの
中「無理!」
亀「シンクロナイズスイミング!」→泳ぎの構えをするものの
中「水無い!」
かなりの無茶ぶりにきちんと応える中丸、スゲー(笑)

で、また花道をバクステに向かって歩きつつ「誰が来てるのかな〜ぁ」と誰かを探してる様子。
なーんか胡散臭いなぁと思ったら
中「今日はNEWSの山下くんが遊びにきてくれてまーす!」
会場の悲鳴レベルMAX。
聖「やっぱ色男がくると違うな、今日一番の盛り上がりっぷりだよ」確かに(笑)
Tシャツの上に黒ベストを羽織って、グラサンを襟にひっかけたラフスタイルのヤマピー。
亀「中丸胡散臭すぎ。イアモニでスタッフに「降りたほうがいいですか?」とか確認して」
中「いや、なんでも指示が直接伝わるから便利ですね、イアモニは」

亀「ヤマピー、今日はヘリコプターで来たんですか?」
ぴ「うん、そうそう(笑)」
ちゃんとチェックしてそうだなーカメちゃん。早くもコードブルー宣伝部長に徹してます。
?「いつから来てたの?」
ぴ「最初から見てたよ。あの、あれでしょ。島に漂流した系でしょ」
まぁ、島に漂流した系で間違いないですけど(笑)
?「コードブルーね、いつだっけ?」
ぴ「これ宣伝していいの?」
ぴ「え、ちょっとKAT-TUN風にやっていい?NEWSじゃできないからさ」
と、いわゆる聖のような<野郎風>な挨拶がしてみたいと言うヤマピー。
マイクを持ちドームを見渡すと
ぴ「おい、おめぇらぁーーー!!」←キャラじゃなすぎて爆笑。
ぴ「元気ですかーーーー!!!」
仁亀「ちょっと待って、元気“ですか”って(笑)」
亀「ですか、ってまだNEWSっぽいから」
ヤマピーに突っ込む時に最初カメちゃんが手あげて寄っていったら、仁も後から同じように手あげて寄っていったの!
ぴ「えー、ドクターヘリ・コードブルー、毎週木曜10時から!みんな是非、見てくれぇ!!…たら嬉しいです」←でもやっぱり染まりきれないNEWS山下智久(爆)

「KAT-TUNファンはドMだもんね」とか言い出すヤマピー。
その瞬間、何故かカメちゃんがアップで映る(爆)
仁「ああ、ドMですよ」
亀「いや、結構ドSですよ」←しゃがんだまま、ヤマピーを見上げるように上目遣いで。
うん、カメちゃんのファンは間違いなく大半がドSだと思われ。
きちんと分かってる子、えらい子、和也(笑)

バクステだからあまり良く見えなかったんだが、恐らくずっとカメちゃんを向いて喋ってたらしいヤマピー。
聖「ヤマピー、一つ勘違いしてほしくないのは、カメの事見に来たんじゃないんだから俺を見ろよ」
?「なんのジェラシーだよ」
修二と彰は二人で一つ(笑)

ヤマピーが去って行ったあと、花道を戻ってきながら
?「美形だなぁ」
仁「ヤマピー居なくなった途端、(図づらが)きたねぇ」とモニターの自分たちを見て発言。
亀「てかこれ、学校の帰り道みたい(笑)」同じくモニターを見たカメちゃん。
確かに、六人で前後に並んでうだうだ歩いてる図がなんともカワイイ(笑)


 ☆ ☆ ☆


・MOTHER/FATHER
階段に座り込んだままのたっちゃんが超絶美人。
上を向いた時の顎からのアングルが綺麗なんだよねーーはぁ、うっとり。

・キスマイ
宮田「最後ということで、文句を言わせてもらいます」
「僕の髪をリーゼントにしたり、背中に落書きしたり、ストレス発散といってお尻を蹴ったりしないでください。…田中聖!」

・メンバーダンス
桟橋の上のカメちゃん、最初と最後で二回水を噴出した。
カミセンが目の前で、カメちゃんの細かい表情までようやく見ることができた!
三人で左右に移動しながら腕動かすところ、カメちゃん口がパクパク動いてるんだよね。
金魚かキミは(笑)なーんであんなクネクネふにふに動けるんだろうね。骨どこにあるんだろう。
一方トニセンはアダルトテイスト、中丸の落ち着き具合で仁の激しさが中和されてる。
間に挟まれてるのは、間違いなくボス上田(笑)
ここからシクセンへの流れの時がおそらく今回のコンでKAT-TUNが一番カッコイイ時だと思っている。

・SIX SENSES
仁「Raise you fuckin hands in the air!」
やっぱり六人花道で踊るの、たまんねえ。
カメちゃんのここの衣装、すごい好きなんだよねーー。
髪型とティアドロ着用で悪カメ度がますますアップ。
短パンから覗く細い脚に萌え。なんでこんな短パン率高いんだキミ。

・HELL,NO
バクステ、死ぬ気で双眼鏡で見てやったぜ。
仁亀ハモりは何度聞いても鳥肌立つ。
花道を最後仁亀が戻ってくるんだが、先に仁がいっちゃうんだよね。
で、カメちゃんが一人花道戻ってくる時に、聖が待っててあげてるの!
これって5日だけだったのかどうか分からないけど、カメちゃんのこと待ってて肩組んでメインステに一緒に戻る聖にジーンときてしまった。オトコマエとは君のこと。
最後の仁の「バーン!」は反則だ。全世界を揺るがすカッコよさだ。

・SMACK
好きすぎて、泣いた。
振りで片膝をパンパンってやる仕草がたまらなく好き。
今日も前半は生歌でした。中丸大好き。そんなあたしは立派なナカマラー。

・愛の華
最高のパフォーマンスだった。
あの衣装、良く見ると短パンなんだよね。足首が美しいこと美しいこと!

・LOVE JUICE
グラスを片手で持ち上げ「…Cheers」
ひーーーーー!!キマりすぎてて死ぬ。
レモンかじって本気で酸っぱそうな顔するのにモエ。
今日もバックに田口がいた!!
恐らく東京来てからも何度かあったらしいんだが、一度もチェックできなかったのでホント嬉しい!
一人だけバンダナ巻いて長身で、めちゃくちゃカッコイイだなコレが!
仁も破壊的な暴れ方でなく、通常のラブジュを精一杯踊ってました。
たぶん私が見た中で一番破壊的だったのは大阪17日目だった(笑)

・僕らの街で
アカペラで叫ぶ子が多すぎて、本当に残念だった。
最初は静かだったのに、一人が叫んだら波紋のように広がっていって。
映像に残るのに、残念極まりない。
どうしてそうやって自己中な人がたくさんいるんだろう、悲しい。
でも聞けた部分は、ちゃんと聞けました。
仁もだいぶ必死だった様子で、今までで一番耳を澄まさないと聞くのが困難なぐらい。
ドームという大きさで、生声を必死に張り上げた仁。
あなたの声がなきゃ、KAT-TUNじゃないよ。
亀「僕らは出会った〜東京ドームで♪」
誰も僕らを決して〜認めはしないだろう〜を
亀「認めは〜しねぇんだろ!」と突然野郎モードに(笑)

・SIGNAL
亀「Hey music♪」
このキメ顔見ると、あの頃のカメちゃんを思い出す(デビュー前後のトゲトゲした感じの)
仁亀背中合わせでハモるとこ(My girl〜ここへ〜おいで〜♪ほら、Yeah♪)がたまんない!最強にシンメ!
立ち位置がヤバいな、シグナル。
てか確かここで亀梨くん、得意の腰振りを披露していた。
こんなにちゃんと腰振ってるの見るの、今回初めてかも。ガッツリエロくいただきました、ゴチです!

・メンバー紹介
聖の紹介だと、カメちゃんはKで「KOITU(こいつ)」らしく、中丸はNで「NANDA KOITSU(なんだこいつ)」らしいです(笑)
たっちゃんのピースに毎回撃沈。完璧ヤられた…。
仁は客席を煽り煽り…で、中丸と聖?を後ろにひきつれて三人で阿修羅のような動きを。
3日もやってたんだが、3日はバラバラで仁に「お前ら練習しろよ!」と言っていたんだが、今日も終わった途端
仁「練習しときます」と反省(笑)

・喜びの歌
素晴らしすぎる〜の前になると、カメちゃんの方から田口に寄って行くみたいだね。
今日はカメちゃんが田口の肩を抱きよせ、頭を寄り添い「素晴らしすぎる〜♪」
その後にカメちゃんが田口の髪の毛もしゃもしゃって撫でてあげるのが超絶可愛い。
今回友達部にかなり癒されました。萌えポイントもだいぶ高いです、ハイ。
言葉がなくても、二人の間にある空気が可愛いんだなーきっと。

・Crazy Love
全員が生歌で、感涙。
クレラブを初めて聞いた時から、この曲がコンの最後を飾ってくれることがずっと夢だったから、本当に嬉しくて。
歌詞もメロディーもパート割りも仁亀ハモりも、すべてが大好きなこの曲。
プレワンの頃よりまたさらに大人になったKAT-TUNが歌うこの曲は、これからもずっとずっと私にとって特別な一曲となりそうです。
歌い終わって、3日だったかな。
仁が「ありがとうございました」って口パクパクさせたんだよね。
もうそれ見て、涙腺崩壊した。
5日はカメちゃんのこと見てたからチェックできなかったけど…仁のそういうところに触れることが出来たのは、本当に本当にうれしい。
カメちゃん、ピンバッジを見せつけ、手にギュッと握りしめて
亀「東京、いただきっ!」
最後のこのカメちゃんの笑顔が、忘れられないよ。
狙ってることは百も承知ですが(苦笑)こういうところが大好きだなーと思う。
うん、つくづくファンを喜ばせる天才だよキミ。


★アンコール

・Real Face
亀「思い〜♪」
仁「思い〜♪」
まぁ、ビデオ撮りだしここはきちんとね。
仁亀「東京〜手に入れたんだ〜♪」
でもやるとこは、ちゃんとハモっとく仁亀最高ヤッホウ!
仁亀が乗る船に、ヤマピーも乗船。
カメちゃんパートの最後らへんを、ヤマピーに歌わせていた。
ヤマピーに向かってマイク傾けるカメちゃんの顔が、可愛くてさ。

するとロバ丸+ジュニアを乗せた船がちょうど外周を周ってくる。
もう仁亀船を追うのを放棄して千賀に命を懸けて手を振りまくった私、マジ誰ファン(爆)
手前の方ばっかに手振ってたからあーー無理かな、と思っても諦めずに半ばジャンピングで手振りまくってたら、千賀もジャンプしてこっちの方見て手振ってくれたの!
なんかこの際誰に向かって振ったとかどうでもよく、わざわざジャンプして離れてるとこの人たちにまで手を振ってくれたことに感動して。ここは勘違いしておいた方がおいしい、うぬ。
千賀、いい奴。

仁亀船がメインステに到着すると、何やら仁亀Pでコソコソお話してる!
仲良しトリオの会話の内容が超気になる。

・un-
恒例となった、田口カメちゃんたっちゃん三人で横揺れ!
ホント目の前だったのであまりの嬉しさにテンションが上がってしまい、隣のわかばちゃんの肩をガッシリつかみ、一緒に左右に揺れてみた。
うん、結構乱暴にしてごめん、わかばたん(ここで謝罪)
ちょーーー楽しそうでね、三人とも。かわゆいなぁ。罪だなぁ。

・Peacefuldays
下手外周から戻ってきたトロッコから降り、わざと中丸にぶつかっていく仁。
中丸の汗を嫌がって避けるフリをしていたら、頭ごと汗を擦り付けようと仁に突進していく中丸。
そして本気で嫌がる仁(爆)

カメちゃんがバックとメンバー紹介をしている間、もう疲れちゃって階段に座り込んじゃってるじんじん。
でっかい体が体育座りのようにコンパクトに座ってる姿がなんともラブリー。
自分たちの番になるといそいそと船に寄って来るじんじん。
やっぱりカメちゃん側の手には絶対マイクを持たないのねん。
亀「そして俺達がーー!」
ひとりひとりのイニシャルの時にアップになるのがかわいーね。
仁「上の方もありがとねー!」
じ、仁がそんな言葉を…!どこかでも「声出てねーぞ!」とか煽ってたし、なんか…別人?(爆)
ホント楽しそうだったなー仁。


★ダブルアンコール

みんなの声援に応えて登場。
カメちゃんは残念ながら衣装着用。
仁はコンTシャツに着替えてたけど!初めて見た!

・OUR STORY〜プロローグ〜
仙台ぶりのアワストーーーーー!!!
本気で感動してしまった。
あの時微妙だった仁亀ハモりも、ちゃんと聴けるようになっていた。
難しそうだもんな、ここのハモり。

ファンの「もう一回!」というラブコールをもらい、六人が相談し始める。
ここでずっと仁亀が目合わせながら会話してんだよね、マイク越しに。フフフ。
?「じゃああの仙台で約束した」
亀「また六人でってね、約束をしたあの歌を…」
ってことでハルカナに決定!
そっかそっか、カメちゃん曰くこれはKAT-TUNの約束の曲なんだね。

・ハルカナ約束
初めての生ハルカナ!!
ナナナ〜をやるのが夢だったので、実現して嬉しすぎたーー…。
っていうか、ハルカナ聴かないとKAT-TUNコンじゃないよーー…。
こんなバリバリテンションあがる曲、他にない!
KAT-TUNの鉄板だね。


まぁ思い出せる限りこんな感じ。
他にもあったかな?思い出したら追記するけど。
とりあえず「やりきった感」に満ち溢れています。
と同時に、完全燃焼で灰になった気分…。
ドリボと雪組掛けもちしてた春休み以来の燃え尽きっぷりですわ…。
とりあえずこれでアップ!
                  
Web拍手
├ KAT-TUN | 2008.08.07 Thursday ... cm: 0
#スポンサーサイト
                  
Web拍手
- | 2010.09.13 Monday ... cm: 0
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>