heartquake

| TOPIC | LOG | KISS | WARP | XOXO | SEIRA |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                  
Web拍手
- | 2010.09.13 Monday ... cm: 0
#情熱大陸@山下智久
CSのガイチさんのNOBI NOBIストレッチをやってみたら、かなりゼーゼーハーハー状態…。
振り一つ覚えるのにどれだけ体力使うんだろうか。寝る前に変な汗かいてしまった。

1ポンドの感想を書くつもりでもう一回見直したんだけど、その直後に情熱大陸を見てしまったらついこっちを先に書きたくなってしまって…なのでちょっと書いちゃいます。
山Pのファンの方は多少不愉快に思われる表現も含むかもしれませんが、あくまで客観的に見た私個人の意見なので、流してやってください。


私のブイヲタ全盛期の頃から見てくださってる方は察していただけると思いますが、ていうか最近の文でもなんとなく察していただけるかもしれませんが、私は山Pが嫌いでした。
嵐以下のジュニアは嫌いだった。もちろんKAT-TUNも嫌いだった。
なんで?って言われると、色々箇条書きにしてあげることはできる。
軽そう、不真面目そう、チャラチャラしてそう、男らしくない、女々しそう、頭悪そう、ファンにもてはやされて調子にのってそう…いや、本当に酷いですねこうやって並べると(苦笑)
こうやって、本当に色々適当にあげることはできる。
でも、明確な<理由>は無かったんだよね。
それはきっと、私がちゃんと彼らの姿を見つめたことがなかったから。
見つめようとしたことがなかったから。

思いも寄らぬきっかけで私がカメちゃんに出会ってしまったあの時、色々自覚し始めたんだよね。
彼らが人気あるのには、ちゃんとした意味がきっとあるんだ。
それを見つけようとしないかぎり、その人を好きになることなんて、出来ない。
その人の本質を見つめようとしないかぎり、その人のことを分かることなんて、絶対に出来ないんだ。

カメちゃんを好きになって、KAT-TUNを好きになって、あの頃ジュニアだったみんなも今はデビューしてグループとして存在していて、色々何かが見えるようになってきた。
どうせなら、嫌いな人のこと、好きになれた方が楽しいじゃない?
分からないより、分かっている方が、なんだか得した気分にならない?
偏見っていけないなって、カメちゃんに出会って改めて思った。
本当に外見じゃ判断できないことなんて、いっぱいあって。
野ブタ。を見て、山Pへの意識が変わった。
もしかしたらこの人、ものすごく面白い人なんじゃない?
何を秘めてるか分からないようなその暗い瞳、もしかしたら私たちの想像をはるかに超える何かを映しているんじゃない?
彼のこと、知れば知るほど彼に興味を持つ。関心を抱く。惹きつけられる。
ああ、本当に面白い存在なんだ、この人は。
どうしよう、ハマっちゃうかもしれないや。


半年間、彼の生活を追っていたというこの番組。
30分の間にものすごい濃縮して詰め込んだと思うんだけれど、あの30分には私の知らなかった部分、見えそうで見えなかった部分、見えていたけれど分からなかった部分、それが少し分かったような気がした。

笑えないアイドル。
彼のいつも暗い色を含む瞳の理由が少し見えたかもしれない。
この間雑誌の整理してた時気づいたことだけど、2003年のものから2008年のものまで、確かに山Pが笑ってる写真はほとんど見かけなかった。少なくとも、単独で写ってる時は。
仲間と一緒に笑ってる写真はあった。それはきっと「おもしろいから」笑ってるんだね。
「おもしろくもないのに、笑えないよね。」という人なんだろうな。
それを自覚しつつも、どうすることもできない。
だけど、それでも進まなきゃいけない。立ち止まってる時間なんて、ない。

暗いっていうのは性格が暗いとかネクラとか、そういう意味での暗いではないと思う。
ていうか、山Pのことあまりよく知らないから本当はどうなのか分からないけど、そういうんじゃないと勝手に思ってる。
光と影がともに存在するのなら、彼は影なんだろうな。
光がなくちゃ影は存在できないけど、影がなくちゃ光も存在できないんだ。
彼の暗くて、何か秘めているその深い色を含んだその瞳に、人は惹きつけられるんだろうな。
彼はそのダークサイドの美しさという天性の才能に恵まれた、人間なんだろうな。

堂本剛、タッキー、山P、際どいラインで岡田准一。
私が昔から勝手に暗いなぁと思ってる人たち。
こういう言い方あまりしたくないけど、全員いわゆる「事務所の看板スター」なわけだよね。
彼らに何か人を惹きつける共通のモノがあるのだとしたら、その一つはきっとその光と共に落とされる影の存在なんだと思う。

こういう人も、いるんだなぁ。山Pみたいなアイドルも、いるんだ。
いや、私に山P以外のアイドルの何が分かってるってわけでもないんですけど。
初めての、感覚だった。新しい、発見だった。
皮肉とかじゃなく、純粋に「こういう人もいるんだ」というインプレッションだった。
アイドルというものは、不思議なものだ。
深いんだな。私がこうも簡単に言葉で語っちゃいけないぐらい、深い。

山Pとカメちゃんって、なんだか似た者同士なって、修二と彰を見ていて思ったことがある。
何が、とか分からない。ただ、なんとなくそう思っただけ。
二人とも、時々なんだか同じ傷や痛みを知っているような目をするから。
体調悪くたって、弱いところは見せなくない。
負けたくない。何にとか誰にとかじゃない。
<やるからには負けたくない>

そんな彼らに向けるべき言葉は「頑張れ」ではないと思う。
そういうの言われるの、きっと嫌なんだろうな。
頑張れの言葉が含む意味の重さを知らない人間に、頑張れなんて言われるのは嫌なんだろうな。
ハードスケジュールの中走り回って仕事こなすのは、それが仕事だから。
自分のものすごい人気に関しては、全く実感がない。
でも自分から発信したもので人が幸せになってくれることは、嬉しい。
山下智久として立つとき、NEWSのリーダー山Pとして立つとき、どんな時も媚びることも作ることもなく自然体をキープしようとする彼の姿を前にしたら、きっとどんな言葉だって、呑み込んでしまうよ。

NEWSの仲間と戯れたりきゃいきゃいしたりする映像も実に微笑ましかったですけど(亮ちゃんの肩揉みと振りを覚えられないシゲが可愛かった!笑)なんだかなぁ…。
結局上手くまとまりません(笑)(そんなオチ)

とにかく、見えてよかった。
私にも、少し見えてよかった。
世の中には見えなくていいものもあるけれど、すべて含めてそれが真実なら、私は見えていたい…と思う。
ま、もちろんすべてにおいてじゃないですけど。

面白いなぁ…ほんと面白い、ジャニーズって(笑)
                  
Web拍手
Johnny's | 2008.03.04 Tuesday ... cm: 2
#スポンサーサイト
                  
Web拍手
- | 2010.09.13 Monday ... cm: 0
Comment








よし!
じゃあ、seiraさんはみかろさんとピのヒトを語る会を開きましょう!(笑)

───と、手のひらを伸ばしながら伝えたくなる、素敵なエントリでした。
あの番組を見て、色々受け止め方は様々だけれど、私はseiraさんが残してくれた数々の言葉が、ピスキーとしてぐっと来ました。

お会い出来るのを楽しみにしていますね!
| みかろ | 2008/03/04 9:54 AM |
★みかろさん

感じたままに書いてみたのですが、P様ファンの方にそう言っていただけるとホッとします…。
まだまだ彼については模索中なので、これから知っていけたらいいなぁなんて思います。

なので、もう是非是非、P様について色々教えてくださいッ!
今、彼はものすごい勢いで私の心をぐいぐい掴もうとしてるんです!
こちらこそお会いできるのを、本当に楽しみにしております。
また後日メールさせていただきますね!
| seira | 2008/03/06 2:11 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>